病院に入院の際(施設入所の際)に身元保証人が必要と言われましたが、なってもらえる人がいなくて困っています。どうしたらいいでしょうか?
身元保証人がいなくてお困りの方にも対応可能ですのでご相談ください。
相続で遺産分割協議をしたいのですが、相続人の1人が認知症のときはどうしたらよいですか
遺産分割協議するには、一定の判断能力が必要です。
判断能力の有無の判定が難しいときには、医師より判断能力に関する診断書を書いていただきこれをもとに必要な手続きを選択します。
(頼れる親族がいない)家族に迷惑かけたくないのですが、将来認知症になった時のことが心配です。どうしたらいいでしょうか
転ばぬ先の杖という言葉で表現される任意後見制度がございます。
ご自身が元気なうちに、信頼できる人に、将来認知症になったらお願いしたいことを公正証書で決めておく制度です。まだ新しい制度で少々わかりづらい部分があるのでしっかりご説明させていただいております。
必要書類はどのようなものが必要ですか
どの手続きでも共通ですが、印鑑証明書が必要な場合のみご自身で取得いただきます。
以外の戸籍謄本等公的書面については遠方であっても担当する専門家において代わりに取得させていただくことが可能です。
費用はどのくらいかかりますか?
相談は無料です。
ご相談内容によってご提案内容が異なりますので、ご相談内容をお伺いしたうえで見積書を提案させていただき、よろしければ手続等に着手いたします。
体が不自由のため本人が出向くことができないのですが。
草加市及び近隣地域であればこちらからお伺いさせていただきます。
相談は予約制ですか?
相談内容によって専門の担当者が異なり不在になることもあるので
お越しいただくときには基本的にはご予約いただくことをお勧めいたします。